抹茶丼

抹茶丼-日本からの何世紀も前の伝統

抹茶丼は 抹茶の調合に欠かせない成分 お茶の美味しさを実に引き出します。 抹茶丼は日本では長い伝統があり、何世紀にもわたって精巧な焼成工程でセラミックから作られてきました。 抹茶丼の凹凸が多く、やや波打つエッジが特徴のひとつで、日本の山岳風景を彷彿とさせます。 抹茶丼の珍しい形や色のグラデーションは、日本ではわびさびと呼ばれる自然の不完全さの美しさも反映しています。



抹茶茶碗(茶碗)

インクルード 抹茶碗(茶碗) 抹茶ほうき(日本語:茶筅)の隣にあり、もちろん、伝統的な日本の茶道の中心的な構成要素である抹茶自体もあります。 その特別な美学、長い伝統と巧妙な加工のために、抹茶茶碗は茶缶(日本語:夏目)の次に最も高価な茶器です。したがって、有名な日本のマスター陶芸家からの抹茶茶碗はしばしばいくつかの価格を達成します日本千ユーロ!

愛情を込めて手作りされた日本の茶碗

私たちの品揃えには、形、デザイン、そしてもちろん色が異なる日本の茶碗がたくさんあります。 私たちの日本の茶碗の多くは 愛する手仕事、ボウルは手で成形され、手で艶をかけられており、各ボウルは個々の芸術作品であり、ユニークな作品となっています。

他の茶碗と比べると、抹茶碗は壁がやや厚めで、冷えにくく、抹茶の温度が一定に保たれます。 また、抹茶丼は底が平らなので、抹茶ほうきで抹茶を最適に泡立てることができます。

日本の抹茶丼-自然の不完全さの美しさ

繊細な磁器のカップが英国のお茶の一部であるように、それらは抹茶の伝統的な準備の一部です。抹茶は、従来のティーカップよりもスタイリッシュな抹茶ボウルの方が味が良いはずです。 一見目立たないように見えますが、よく見ると飲み物を楽しむために作られているようです。 では、抹茶丼が特別な理由は何でしょうか。

抹茶丼は、伝統的な方法で準備に使用されます

伝統によれば、彼らは茶道の中心的な道具、すなわち抹茶を準備する伝統的な方法を提供します 抹茶パウダー伝統によれば、ゲストは茶道を賞賛するか、少なくとも質問しながら、ボウルの起源について質問する必要があります。 今日まで、抹茶丼は通常、日本の伝統的な茶道で最も高価な道具です。それがどのように作られ、装飾されているかにもよりますが、それは数千ユーロにもなることがあります。

今日まで、抹茶丼はそのスタイルによって区別されています。 茶碗は特に価値があります 楽スタイル。 このスタイルは16世紀後半にまでさかのぼり、屋根瓦のマスターとお茶のマスターと共同で開発されました。 伝統によれば、このスタイルの最初の標本はろくろで成形されたのではなく、完全に手作業で作られました。 その結果、非常に不規則でユニークな船が常に異なって見えました。 このタイプの抹茶丼は、約千度の温度で焼成されました。

燃やした直後にオーブンから取り出し、他の可燃物で密閉しました。 干し草や葉などのこれらの物質は、空気から酸素を引き出し、化学反応を引き起こしました。 彼らはそのためでした すべての抹茶丼のユニークな外観 責任者。 楽焼茶碗は他のほとんどの茶碗よりも厚いです。 外観はほとんど素朴で、常に個性的です。 形作りと焼成の技術は、各茶碗をユニークにします他にないので。

抹茶丼は他の茶碗やカップとは異なります

もちろん、その形は特に印象的です。 の ボウルの底は通常真っ直ぐな表面から形成され、上部の開口部は著しく大きいです。 これにより、お茶の準備が簡単になります。 抹茶粉は、従来の茶碗よりも大きな抹茶碗で竹泡立て器で泡立てるのがはるかに簡単です。 抹茶パウダーは水中に最適に分散し、香りを存分に発揮します。

伝統的な抹茶丼は ワビー・サビ。 これは、を指す日本語の用語です 自然の不完全さ そして結果として生じる美しさは関係しています。 茶碗の縁は少し不規則な形をしています。

これらの波で、日本の山岳風景、ひいてはお茶の起源を思い出したいと思います。 この茶碗の製造には、伝統的な蒸留工程が使用されています。 この燃焼プロセスは非常に複雑ですが、堅牢な品質に貢献します。 厚い壁はまた、従来の茶碗と比較して重要な際立った特徴です。

お茶の冷えが早すぎるのを防ぎ、お茶の温度が長く一定に保たれるので、抹茶を長く楽しむことができます。

信念によれば、手作りのオリジナルには、抹茶丼の下に少なくともXNUMXつの目立つまたは非常に目立つ場所があります。 このページはそれと呼ばれています 茶碗の「顔」 専用。 顔は、目立つ色のグラデーション、目に見える隆起、または粘土の特定のパターンで構成されます。 伝統によれば、抹茶丼は、顔が人の方を向くように準備中に回す必要があります。 茶碗をゲストに渡す場合は、顔をゲストに向ける必要があります。 茶碗から飲む場合は、顔をそむけてください。

さまざまな形を楽しみにしています

抹茶マジックに抹茶丼を注文すると、特別な抹茶丼があなたを待っています 形やデザインの多様性。 私たちのボウルのほとんどは、最初に手で形作られ、次に手でガラス張りにされました。 これにより、非常に異なるパターンと色のグラデーションが作成されます。 それらはボウルごとに異なって見えるため、多数につながります 紛れもないユニークなアイテム。 手作りの抹茶丼も、さまざまな形が印象的です。

  • ワンシェイプ:抹茶丼は、ろくろに古典的なワンの形をした天然粘土でできており、特別なものになっています 球根状 その結果、飲酒中の手のひらにボウルが特に美しく埋め込まれています。 私たちの「堺」ボウルはこのタイプの美しい例であり、さまざまな色で私たちから入手できます。
  • 胴絞形:胴絞めの抹茶丼が印象的 非対称形状。 ボウルの外壁と縁は不均一な形をしています(ワビー・サビ)、このタイプのボウルで特に美しいユニークな作品になります。 抹茶丼「愛知」「四日市」「柏」は、胴絞めの形の美しい例です。
  • イドシェイプ:上記のボウルの形とは対照的に、「イドの形」のボウルは上に向かってますます広がります。 また、「イド型」のお椀はお椀の底がやや小さめで、特に目を引く。 台形 この変わった形が好きですか? それなら、私たちのボウル「奈良」と「ミツ」をお勧めします。

抹茶丼とその伝統色

伝統的な抹茶丼には色々な色があります。 一部の陶芸家は、独自のスタイルを見つけ、新しい色の組み合わせを開発しました。 時が経つにつれ、釉薬から新しい効果や色合いが生まれ、紛れもないユニークなアイテムが生まれました。

赤、緑、青、白が代表的な色です 抹茶丼に。 中身は白く保つことができ、特にお茶の色を引き立てます。 薪オーブンで生産する場合、色は特に変化します。 たとえば、外側のダークブラウンと内側の明るい赤、または海を連想させるはずの外側の青緑色の組み合わせが一般的です。 茶碗を薪オーブンで固めた場合、灰が表面に目に見える痕跡を残し、印象的な木目を作ります。 広い開口部と厚いカップの壁は、最適な楽しみのために重要ですが、外観は主に目に魅力的です。

日本の抹茶丼の特徴:

  • 平底と驚くほど大きな開口部
  • 柔らかく波打った非対称構造の特別な感触
  • 起源とスタイルに応じて異なる形状、パターン、色のグラデーション
  • 日本の山岳風景を彷彿とさせる不規則な形の茶碗の縁
  • お茶が急速に冷えるのを防ぐ厚い外壁

ここで抹茶を作るためのより多くの道具を見つけることができます 抹茶アクセサリー.